お知らせ

第27回KIX泉州国際マラソン開催にあたっての新型コロナウィルス感染症防止対策

2020/02/10

第27回KIX泉州国際マラソン開催にあたり、新型コロナウィルスに関連した感染症防止対策を以下の通り行います。

 

1.感染予防の対策について
(1) 給水箇所、関門、収容バスや各会場の受付場所等のスタッフへマスクを配布し、更衣室やトイレ等に消毒液を配備。
(2) 各会場(浜寺公園スタート会場、岸和田城フィニッシュ会場、りんくう公園フィニッシュ会場)の出入口や手すり等、接触が予想される箇所への巡回消毒。
(3) ランナーへハイタッチの自粛を要請(受付時)。

 

2.救護体制について
(1) 大会当日は各会場(スタート・フィニッシュ)や各関門、最終収容バス、救護所等全18ヶ所で医師や看護師が待機し、体調のすぐれない方などの救護にあたる。
(2) 各救護所(運営協力:大阪府医師会及び大阪府看護協会等医療関係団体)において、症状が疑われる場合は、「帰国者・接触者相談センター」(保健所)へ連絡し、そこで案内された医療機関で受診をする。

 

3.情報発信及び周知・啓発について
(1) 大会ホームページでの情報発信
 コロナウィルスの感染予防に関する情報や大会事務局の対応について、大会ホームページで情報発信を行う。
(2) ランナー受付や各会場に案内看板を設置
 ランナーの受付時や各会場(スタート・フィニッシュ)において、手指の消毒や現状の体調確認の看板を設置。体調のすぐれない方が無理をされないよう、多言語(日本語・英語・繁体字・簡体字)で啓発していく。
(3) 海外に在住しているランナーに対しての案内配信
 海外に在住しているランナーに対して、出入国在留管理庁が発表した入国制限(①日本到着時14日以内に中華人民共和国湖北省における滞在歴がある外国人、②中華人民共和国湖北省発行の中国旅券を所持する外国人)に該当する方、及び出国制限をされている国に在住している方以外でも、現在体調がすぐれない場合は無理をせず自粛いただくよう要請。不参加の申し出があった方には、次回大会である第28回大会のエントリー(参加費不要)を案内する。

 

【参考】現在の海外ランナーエントリー状況(2月10日現在。順不同)
 香港61名、台湾57名、中国26名、タイ9名、マカオ7名、オーストラリア7名、モンゴル6名、イギリス5名、マレーシア3名、ニュージーランド3名、フィンランド2名、デンマーク2名、シンガポール2名、ウガンダ2名、クェート1名、アメリカ1名、ブラジル1名、カナダ1名、ドイツ1名、ベトナム1名、韓国1名、以上

 

 大会事務局としては、引き続き情報収集に努め、安心・安全な大会運営に努めると共に必要に応じて大会公式ホームページで皆様に向けた情報発信を行います。ランナーや大会関係者の皆様におかれましても、公的機関や医療機関などから正確な情報を入手していただき、うがいや消毒、手洗い等の予防対策をお願いいたします。

 

詳しくは、下記のホームページをご参照ください。

新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~(首相官邸HP)

新型コロナウイルスに関するQ&A(厚生労働省HP)

咳エチケット(厚生労働省HP)